ファーストトークとは?

お話がはじまる2歳前後から未就園児のお子様におススメ!

 

ファーストトークとは、

この時期から始まる言葉によるコミュニケーションの力を養っていくための講座です。

ただ「話せるようになる」ことが目的なのではなく、

「言いたい」「伝えたい」というコミュニケーションの土台の部分の感情をしっかりと育み、

まずは親子のコミュニケーションから始まり、

次にお友達や周囲の大人などとの関わりから社会性・協調性というものを楽しく身につけていくことができるようになります。

 

 

 


 

息子2歳のときの写真です。

当時、ファーストトーク参考DVDに親子で出演させていただいたことをきっかけに

ファーストトークをもっと知りたい!と思い

受講を決意しました。

右上の写真、緑色のTシャツを着ている子も

当時2歳3ヶ月の息子です。

その頃から、ファーストトークの相棒である「とーくん」を気に入って

2歳というまだ思うように上手に気持ちを伝えることが困難な時期に

とーくんを間に挟み親子でコミュニケーションを楽しんでいました。

とーくんを挟むと素直に気持ちを表現してくれたり

時にお友達であり、ライバルにもなり、当時の息子にとって

とーくんの存在は大きいものでした。

 

 

欧米では、パペットセラピーと言って

パペットを使った心理療法が医療や福祉の現場で取り入れられています。

 

パペットに語りかけたり、語ってもらうことで

子どもの内面で芽生えている様々な意欲を引き出す効果があります。

パペットを用いることで人との関わりにより興味がわくようになります。